16
2011

+++EUROPEAN OPEN 2011 in LAAX+++

世界最高峰の大会【Burton European Open 2011】今年度も素晴らしい大会になったようです!

今大会では、男女共に日本人ライダーが表彰台に上る大活躍!!
男子ハーフパイプ優勝したピート・ピロイネンは1本目、2本目と転倒と後が無い状態で3本目で最高得点をマークし優勝!!

國母和宏選手は、本当にカッコいいライディングスタイルでしたが僅かの差で2位でフィニッシュ!!

女子ハーフパイプでは、ケリー・クラークが特大のフロント1080で女王の貫禄で優勝!!
降旗由紀選手は、マックツイスト・ロデオと繋げて3位でフィニッシュ!!

スロープスタイルは、フィンランド選手の1,2フィニッシュ!!!
優勝は、ピート・ピロイネンを抑えた若干18歳の新星ループ・トンテリ(BURTON)!!
優勝ルーティーンは・・・↓御覧ください。



プロッティライダー陣も、自分が持っている力を最大限に出し切り戦いました。
個々の目標まで納得できる結果ではなかったかもしれませんが、この大会で得たことは今後のスノーボードライフに大きく影響してくると思います。

ブログを通して、沢山の方が応援メッセージを頂く事ができました。

本当に、皆様方の熱いお言葉が選手の力となっております。
ありがとうございました。

この様子は、PROTYスタッフが現地からお届けしておりますLAAXジャーナルからもCHECKする事が可能です。
コチラ⇒LAAXジャーナル
スポンサーサイト